朝の口臭

朝の口臭はなぜ臭い?その理由を分かりやすく解説!

朝の口臭はなぜ臭い?その理由を分かりやすく解説!

 

朝起きて大きくあくびをした時感じるきつ〜い口臭

 

「えっ、口の中で魚でも飼ってました??」
って疑いたくなるような不快な臭いを経験したことはありませんか?

 

 

実は口臭って一日の中で「きつくなったり弱くなったり」と
変化しているんですよね。

 

そして「朝起きてすぐ」は
もっとも口臭が強い時間のひとつなんです。

 

 

では、なぜ朝は口臭が強くなってしまうのでしょうか?

 

 

朝の口臭が強くなる理由

 

口臭の原因

 

 

口臭の大きな原因のひとつは雑菌の繁殖です。

 

実は口の中にはとんでもない数の雑菌が潜んでおり、
その種類300種以上、1000億〜6000億もの数の雑菌が口の中に住んでるんです。

 

ちなみに、歯磨きをほとんどしない人だと1兆もの数になるということで、
思わずぞっとする話ですよね...

 

 

そして、その雑菌が食べカスなどを分解して「口臭」を発生させてしまいます。

 

ですから「雑菌」と「雑菌の餌」が多ければ多いほど、
口臭はきつくなってしまうということですね。

 

 

人間が持っている2つの口臭対策

 

 

人間には、ちゃんと雑菌を減らしてくれる「武器」があります。

 

それは「歯磨き」「唾液」です。

 

 

歯磨きをすることで「雑菌の餌」を洗い流すことができますし、
雑菌を体外に出すことが出来ます。

 

そして「唾液」には雑菌を洗い流してくれる役割があり、
さらに殺菌と抗菌作用もあるんです。

 

この2つの武器によって
口の中は「雑菌の増殖」から守られているんですね。

 

 

朝の口臭には効かない?

 

 

しかし、朝の口臭が強くなってしまうのはこの「武器」が
きちんと働けていない時間が長いからなんです。

 

寝ている間に歯を磨けないのはもちろんのこと、
寝ている間の唾液の分泌量が大きな問題です!

 

 

唾液は舌を動かす時の刺激や咀嚼(そしゃく)している時に増えるんです。

 

ですから寝ている間は、唾液の分泌量がすごく少なくなってしまうんですね。

 

 

唾液の分泌量が少なくなってしまった口内は
雑菌が餌を分解しやすい環境となります。

 

ですから朝起きた時、雑菌に分解されてできた
臭い物質によって「きつい口臭」が発生してしまうのです。

 

 

最後に

 

 

朝起きてすぐに感じる口臭は病気ではありません。

 

誰もが経験する口臭のひとつです。

 

なので、よく噛んで食べるようにして
日頃から唾液の分泌を促すようにするなどの対策もありますが、
ある程度は仕方がない部分もあります。

 

 

しかし、寝起きはきつかったとしても、
しっかり歯磨きをしてサプリメントなどで対策をしておけば、
出勤時には爽やかに「おはよう」と言えるようにはなるはずです。

 

会社の同僚など周りの方に不快な思いをさせないためにも、
大人のエチケットとして、口臭ケアを心掛けてみて下さいね。

 

 

⇒ 「おはよう」が爽やかになるブレスブロックはこちら