デオアタック

ブレスブロックに入ってるデオアタックって何?

 

僕がブレスブロックを購入する前にちょっと疑問に思ったのが、

 

「デオアタックって何?」ということでした。

 

 

ブレスブロックのデオアタック

 

 

なんとなくですが、ちょっと胡散臭さを感じてしまいますよね(笑)

 

しかし、調べてみるとデオアタックはかなり信頼度の高い成分であることが分かりました。

 

 

デオアタックとは?

 

東証一部上場企業が開発した成分

 

 

デオアタックは、東証一部上場の高砂香料工業株式会社が開発した成分で、
同社の登録商標になっています。

 

なので、本当はDEOATAK®、もしくはデオアタック®と
紹介しなければいけないものなんです。

 

ちなみに、高砂香料工業株式会社には、2001年にノーベル化学賞を受賞した
名古屋大学教授の野依良治さんが取締役の一人として名前を連ねています。

 

 

いかがでしょうか?

 

東証一部上場でノーベル賞受賞者が取締役としている会社が開発した成分と聞けば、
デオアタック®が胡散臭いものではないことがお分かり頂けたかと思います。

 

 

あの入れ歯用洗浄剤にも使われている

 

 

ちなみに、デオアタック®は様々な商品に消臭成分として利用されており、
例えば、CMでもおなじみの小林製薬のパーシャルデントにも配合されています。

 

なので、僕らが知らないだけで、
実は意外に身近でも使われているものが多いかもしれませんね。

 

 

デオアタック®でどのくらいスゴイの?

 

 

デオアタック®は植物由来の高濃度ポリフェノール含有素材と、
同じく植物由来のポリフェノール酸化酵素から構成される消臭素材です。

 

そして、コーヒー豆から抽出された天然のポリフェノールが持つ消臭効果を、
ゴボウパウダーの天然の酵素の力で強化されていると言います。

 

なので、ポリフェノールも消臭効果が高い成分として知られていますが、
それよりも高い効果が期待できるということですね。

 

 

例えば、口臭のニオイ成分の一つにメチルメルカプタンというものがあります。

 

そして、このメチルメルカプタン(200pm)は、天然のポリフェノール(20mg)では
ほとんど消臭できないほど厄介な成分と言われています。

 

しかし、デオアタック®(20mg)では、
わずか10分で残存率がほぼ0%になることが確認されているようです。

 

 

さすが、東証一部上場企業が開発した成分はスゴイですね^^

 

 

⇒ デオアタック®が配合されているブレスブロックはコチラ