口臭の原因となる舌苔について

舌が白い!?舌の汚れの舌苔は口臭の原因になるの?

舌が白い!?舌の汚れの舌苔は口臭の原因になるの?

 

鏡で自分の舌を見てみると、白っぽくなっていることがありますよね?

 

この白くて舌を覆っている苔(コケ)状のものが舌苔(ぜったい)で、
口臭の大きな原因になってしまいます。

 

そこで今回は、この舌苔ができてしまう原因や特徴について解説したいと思います。

 

 

舌苔と口臭

 

舌の表面の角質が伸びてしまい、
その隙間に食べかすや古い細胞などの汚れがたまり
そこの菌が繁殖して白くなったものが『舌苔』です。

 

口臭の原因は、雑菌が食べかすや古い細胞を分解し、
臭い物質を発生させることです。

 

ですから、雑菌と雑菌の餌が豊富な舌苔は、
口臭の発生源になってしまっているのです。

 

 

色や量でみる舌苔の原因

 

実は舌苔は白っぽい色だけでなく、
黒っぽかったり黄色っぽかったりと原因によって色も変わります。

 

 

白い舌苔

 

自律神経の乱れ・疲労時などには、舌苔が白く分厚くなる傾向にあります。

 

また、「白板症」という病気の可能性も。

 

あまりに白く、裏側まで白いという場合には病院で診てもらってくださいね。

 

 

黄色がかった舌苔

 

便秘・慢性胃炎・肝脂肪などの内臓にトラブルがある場合、
舌苔が黄色っぽくなります。

 

またタバコを吸う人の舌苔も黄色くなる傾向があります。

 

 

黒い舌苔

 

抗生物質の服用によって舌苔が黒くなることがあります。

 

 

まだらな舌苔

 

消化不良・胃腸の不調・ビタミン不足などで
舌苔がところどころ剥がれてしまっている状態になることがあります。

 

 

良い舌苔

 

ちなみに、ほんの少し舌苔があるからといって
異常というわけではありません。

 

大抵の人は少なからず舌苔を持っています。

 

「良い」という言い方は少し語弊があるかもしれませんが、
健康上問題ない舌苔は薄ピンク色で、薄っすらと白い舌苔がついているレベルです。

 

 

舌苔の対策

 

舌苔は口臭の温床になっています。

 

ですから、こすりとったりする方もいるようですが、
舌を傷つけてしまいますのでお勧めできません。

 

 

舌苔が出来る原因は、先にお伝えした通りです。

 

ですから、そういった原因を取り除くことで、
舌苔自体を作らせないようにすることが大切なんですね。

 

 

「でも今ある口臭をすぐになんとかしたい!」という方は、
まず唾液をたくさん分泌出来るようにしてください。

 

唾液には殺菌作用があり、舌苔に潜む雑菌の繁殖を防いでくれますよ。

 

>TOPページへ戻る<