正しい歯磨きの方法

口臭予防のための正しい歯磨きの方法とは?

口臭予防のための正しい歯磨きの方法とは?

 

正しい歯磨きしていますか?

 

自己流の歯磨きでは、
汚れがちゃんと取れていないかもしれません。

 

小さい頃に歯医者さんで教えてもらって以来、
歯磨きの仕方なんて教わる機会はなかったですよね?

 

 

正しい歯磨きは虫歯だけでなく
口臭も予防してくれるんです!

 

今更人には聞けない正しい歯磨き方法を、
ぜひ覚えておきましょう!!

 

 

歯磨きの際の注意点

 

 

磨き方も大切ですが、
歯ブラシの握り方と、磨く時の力加減も、とても大切です。

 

 

歯ブラシの握り方が悪いと、
歯や歯茎に必要以上の力が加わってしまいます。

 

また、磨く時の力加減が強すぎると、
歯茎を傷つけてしまうことになります。

 

ですから、まず「正しい歯ブラシの握り方」と
「適正な力加減」を知ることが大切なんです。

 

 

正しい歯ブラシの握り方

 

 

余計な力が入りにくく、
さらに小回りの効く持ち方が理想です。

 

そして、この理想を叶える持ち方が、
「ペングリップ」と呼ばれる持ち方です。

 

 

鉛筆を持つように親指と人差し指で歯ブラシを持ちます。

 

歯ブラシの持ち方に名前が付いているなんて、
ちょっと笑っちゃいますよね^^

 

 

磨く時の適正な力加減

 

 

歯ブラシの毛先が曲がらないくらいに
圧をかけるのが、正しい力加減です。

 

具体的な数字でいうと「150g」。

 

なんて言われても分かりづらいと思いますが^^;
キッチンスケールをお持ちの方は、歯ブラシを押し当てて測ってみると、
大体の力加減がわかりますよ。

 

 

正しい歯磨きの方法

 

歯磨き粉の付け方のポイント

 

 

まずは歯ブラシに歯磨き粉をつけますが、
この時歯ブラシを水で濡らしていませんか?

 

実はこれ、NGなんです。

 

 

歯ブラシを水で濡らすと泡立ちが良くなりますよね。

 

でも、口の中が泡でいっぱいになると、
歯の1本1本をきちんと磨きにくくなってしまいます。

 

つまり、泡がいっぱいになっていると、
ちゃんと磨けている気分になっているだけで、
実はあまり磨けていないということなんです。

 

 

そして、歯磨き粉に入っている「研磨成分」も薄まってしまいます。

 

これではしっかりと歯を磨くことができませんので、
まずは、歯ブラシを濡らさずに歯磨き粉をつけましょう!

 

 

磨き方のポイント

 

 

歯磨きのポイントは、1本1本丁寧に磨いていくことです。

 

ただし歯だけを磨いても、あまり意味がありません。

 

口臭の原因となる歯垢(しこう)は、
歯と歯の間や、歯と歯茎の間に潜んでいます。

 

なので、「間」を磨くことも意識して
1本1本順番に磨いてみて下さいね。

 

 

最後に

 

 

ちなみに、歯医者さんが勧める、
「歯磨きにかける時間」をご存知ですか?

 

なんと、15分間なんです!

 

 

「歯磨きに15分もかけてられないよ・・・」
って思ってしまいますよね(笑)

 

ですが、口臭の原因になっている歯垢を取り除くには
時間がかかってしまうものなんです。

 

 

なので、夜はまだ良いとしても、
朝はなかなか厳しいという方が多いかもしれませんね。

 

しかし、朝の口臭は特に臭いやすいので、
口臭対策のためには、朝の歯磨きも欠かさないで下さいね。

 

 

⇒ 朝の口臭はなぜ臭い?その理由を分かりやすく解説!