胃腸の不調は口臭の原因になる

やっぱり胃腸の不調は口臭の原因になるの!?

やっぱり胃腸の不調は口臭の原因になるの!?

 

胃腸の調子が悪い時なんかに
「うわ、臭い・・・」って自分でもうんざりしてしまう。

 

そんな口臭に悩まされていませんか?

 

 

胃腸が弱ると口臭がきつくなってしまいます。

 

その原因を知って、しっかりと口臭対策を立てていきましょう。

 

 

胃腸が弱ると口臭が発生してしまう原因

 

胃の弱りからくる口臭

 

 

胃の弱りからくる口臭の特徴は
「食べ物が腐ったような臭い」「酸っぱい臭い」がすること。

 

ではどうして胃が弱ると口臭がきつくなってしまうんでしょうか。

 

 

胃が弱ってしまい正常に機能しなくなると
食べた物をちゃんと消化できなくなるんです。

 

そうすると食べ物が胃の中にとどまってしまうんですよ。

 

そうして食べ物が発酵・腐敗することに。

 

この発酵・腐敗した臭いが口臭として排出されてしまうんですね。

 

 

腸の不調からくる口臭

 

便を肛門へ押し出す運動を
「蠕動運動(ぜんどううんどう)」といいます。

 

ストレスなどが原因で「蠕動運動」が弱くなると
「外に排出されるべき便」が腸内に長くとどまってしまうことに。

 

そうすると、便の腐敗・発酵が進み
「有害物質」を発生させてしまうんですよ。

 

 

この有害物質は腸壁から吸収されて血液に流れ込みます。

 

そして体全身を巡って肺にたどり着くと
息と一緒に体外に排出されてしまうんですよ。

 

「蠕動運動の弱り」以外にも
食生活の偏りや運動不足などで便秘になってしまうと
同じように腸内に便がとどまってしまいます。

 

そして有害物質を発生させてしまうんです。

 

 

腸の弱りが原因の口臭の特徴は
「便のような臭い」です!

 

口から便臭とは・・・なんとも恐ろしいですね。

 

 

胃腸の弱りからくる口臭の対策

 

胃腸の弱りからくる口臭に対しては、
マウスウォッシュなどで対策しても意味がありません。

 

歯磨きやガムも一時は臭いをごまかしてくれますが改善にはなりません。

 

原因が「口の中」にないからですね。

 

 

胃腸の弱りからくる口臭の対策は
「胃や腸の弱りを改善すること」です。

 

 

・胃が消化不良を起こしている原因は何か?
・腸の調子が悪いのはなぜか?

 

という原因を探しだし、そこを治療しないかぎり
「口臭の根本的な改善」にはなりません。

 

 

ちなみに、胃の不調と一言で言っても、
原因は「胃炎」かもしれませんし、「胃潰瘍」の可能性もあります。

 

胃が弱っている原因は様々です。

 

原因によって治療法や改善法は変わってくるので
まずは「原因」がわからないことには対策の取りようがありませんよね。

 

腸の不調に関しても同じです。

 

 

ですから、まず病院へ行って診てもらうのが一番ですね。

 

根本的な原因を知ることで、
ちゃんとした「口臭対策」を立てることができます。

 

まずは口臭の原因がどこにあるのか、
しっかりと知るところから始めましょう!

 

 

>TOPページへ戻る<