口臭の種類

意外に知られていない口臭の種類とは?

意外に知られていない口臭の種類とは?

 

口臭には、

 

・生理的口臭

 

・飲食物・嗜好品による口臭

 

・病的口臭

 

の3つの種類があります。

 

 

そして「生理的口臭」や「飲食物・嗜好品による口臭」は
誰にでも起こり得る口臭なんです。

 

ですから「口臭が全くない人」なんていません。

 

ただし、口臭がひどい場合や
ずっと続く場合は「病的口臭」の可能性があります。

 

 

口臭が気になっている方は
その種類を知って、口臭対策を行っていきましょう!

 

 

口臭の種類

 

生理的口臭

 

 

「生理的口臭」とは
唾液の減少が原因で起こる口臭です。

 

実は唾液に、は臭いの原因である
「雑菌」の繁殖を防いでくれる力があります。

 

なので、その唾液が減ることで
口臭を発生させてしまうんです。

 

 

また、生理的口臭が起こるのは
主に「起床時」「空腹時」「緊張時」などです。

 

そして、唾液は「咀嚼している時」「舌を動かしている時」
に多く分泌されます。

 

ですから寝ている間は唾液の分泌量が
減ってしまうんです。

 

そのため寝ている間に雑菌が繁殖してしまい、
朝起きた時に強い口臭を感じてしまうとういわけです。

 

 

空腹時や緊張時の口臭も同様に、
唾液の分泌量が減ってしまうことが原因になっています。

 

 

飲食物・嗜好品による口臭

 

 

食べ物に含まれる臭いや
タバコ・アルコールの臭いが原因の口臭です。

 

この口臭は、臭い成分が消えると口臭もおさまる、
一時的な口臭です。

 

 

病的口臭

 

 

病的口臭とは、
「病気の症状の一つとして発生する口臭」のことです。

 

そのままですね(笑)

 

糖尿病・呼吸器系の病気・内蔵系の病気・口の中の病気
など様々な病気が原因で口臭が発生してしまうんです。

 

 

また、病的口臭の約9割は「口の中の病気」が原因といわれています。

 

そんな口の中の病気の代表的なものが「歯周病」です。

 

原因は「歯周ポケット」に潜んでいる歯周病の原因菌です。

 

原因菌はタンパク質などを分解して、
口臭を発生させてしまいます。

 

 

さらに、「ドライマウス」も口の中の病気の一つです。

 

ドライマウスとは唾液の分泌量の減少により
口の中が乾いてしまう病気です。

 

口の中が乾くことで雑菌が繁殖してしまい
口臭が強くなってしまうんです。

 

 

そして、「虫歯」も口臭を発生させてしまうのはご存知ですか?

 

虫歯によって穴があいた歯には歯垢や食べカスが溜まりやすくなり、
ここから臭いを発生させてしまうんですよ。

 

 

最後に

 

 

口臭は誰にでもありますが、
気にしすぎも良くありません。

 

なぜなら、自分で気にしているだけで、
実は単なる思い込みである可能性もありますからね。

 

 

なので、口臭はある程度は自分でも確認できますので、
よろしければこちらの方法も参考にしてみて下さいね。

 

 

⇒ 口臭を自分で確認するための5つの方法